動脈硬化性疾患診療ガイドライン2002年版
 高脂血症の診断基準(血清脂質値:空腹時採血)
高コレステロール血症   総コレステロール   ≧220 mg/dL
高LDLコレステロール血症   LDLコレステロール   ≧140 mg/dL
低HDLコレステロール血症   HDLコレステロール   <40 mg/dL
高トリグリセリド血症   トリグリセリド   ≧150 mg/dL

 コレステロール値以外の冠危険因子の数により分けた 6つのカテゴリーと管理目標値
患者カテゴリー 脂質管理目標値(mg/dL) その他の冠危険因子の管理
  冠動脈
疾患*
LDL-C以外の
主要冠危険因子**
TC LDL-C HDL-C TG 高血圧 糖尿病 喫煙
A なし 0 <240 <160 ≧40 <150 高血圧学会の
ガイドライン
による
糖尿病学会の
ガイドライン
による
禁煙
B1 1 <220 <140
B2 2
B3 3 <200 <120
B4 4以上
C あり   <180 <100
TC:総コレステロール、LDL-C:LDLコレステロール、HDL-C:HDLコレステロール、TG:トリグリセリド

* 冠動脈疾患とは、確定診断された心筋梗塞、狭心症とする。
** LDL-C以外の主要冠危険因子
  加齢(男性≧45歳、女性≧55歳)、高血圧、糖尿病(耐糖能異常を含む)、喫煙、冠動脈疾患の家族歴、低HDL-C血症(<40 mg/dL)

原則としてLDL-C値で評価し、TC値は参考値とする。
脂質管理は先ずライフスタイルの改善から始める。
脳梗塞、閉塞性動脈硬化症の合併はB4扱いとする。
糖尿病があれば他に危険因子がなくともB3とする。
家族性高コレステロール血症は別に考慮する。