ザルツブルグ、ウイーン、プラハ旅日記

2006 Apr 29〜May 7

6日目 May4 チェスキー・クルムロフ〜プラハ 2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チェスキー・クルムロフでの気持ちのいい散歩道、時間を惜しんで楽しめました。

         

塔です。

檻の中には、、熊が寝ていました。

城門へと行きます。
門を出ると町にでます。

お店です。何か怖い

入り口、人形の下は魔よけの
にんにく?
と、その上、ろうそくの火が灯されています。

 

お花

お店の入り口が特徴的ですね。

にわとりさん

熊さんがお出迎え

このお店も、
にんにく?+ろうそくあります。

川べりに来ました。

ヴルタヴァ川と 旧市街

 

お城が聳え立っています。

時間が止まっているような錯覚に
襲われます。

がけの上の塔。

みんな大好き、猫グッズ?

猫好きが多いと見た。
この町の住人?チェコ人?

エゴン・シーレのお母さんの実家が
この町だったせいで、シーレはよく
この町を描いています。
その博物館です。

城が町に溶け込んでいます。

お昼ごはんはツアーの皆さんとです。

ライ麦パン、美味しかったです。

普通のサラダだったような?

もうこの頃は皆さん、和気あいあい。

でました。ます料理、第2弾。

もちもちパンにブルーベリーソース、
美味でございました。

民家は荒れ果てたものもあります。

再び川に出てきました。

あのおうち、気になります。

トラックも、バスもベンツです。
聖ヴィート教会
 
 
 
ツアコンの目印は折りたたみ傘。
どうも定番のようで。
所せましと家が建っています。
チェコの名物?マリオネット。
早速ピノキオ君を買いました。
お土産になっちゃったけど、
きっと喜んでくれたよね。
お城は攻めて行っても大丈夫そう。

お城を結ぶ橋は3層になっていて、
当時は珍しかったそうです。
この橋を越えると現実に戻ります。
さよなら、チェルキー・クロムロフ