ザルツブルグ、ウイーン、プラハ旅日記

2006 Apr 29〜May 7

3日目 May1 ザルツブルグ1 ミラベル宮殿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよザルツブルグの町を歩きます。ホテルからすべて歩きでまわれるくらい見たいところが凝縮している町です。まずはサウンドオブミュージックのドレミの歌の舞台となったミラベル宮殿から、GO!ミラベルというのは「美しい眺め」の意味だそうです。1606年にディードリッヒ大司教が、愛人のサロメ・アルトと その子供たちのために建てられた宮殿と庭園とのことです。

 

         
ホテルのレストランにはその日の天気予報も
はいったパンフもテーブルにおいています。
親切ですね。  ざぶとんい枚。

ホテルを出るとザルツカンマーグート城塞、
うれしくなります。
そして右手はもうミラベル庭園入り口になります。

大きな木立の中を進んで行きます

気持ちのいい朝の散歩道

 

公園で日向ぼっこでしょうか?

音楽に関連のある彫像のようです。

 

さっそくついたのがペガサスの池とドレミの階段です。

ドレミの階段はドレミの歌のフィナーレを
飾る記念すべき階段です。知らない人には
何の変哲もない階段、でも僕にとっては、
憧れの場所でした。

階段の横にはユニコーンが。

ペガサス噴水もドレミの歌に登場します。
そして右手にバラのトンネル

この公園からもザルツカンマーグート城塞が
よく見えます。

 

サウンドオブミュージックのドレミの歌で
登場したのは、左妖精さんです。
見つけた時にはうれしかったです。

でもなぜこの、さえないべろだしおじさんが
栄えある映画で採用されたか?
右のような魅力的な妖精さんや、

勇ましい妖精さんもいたのに。

全部で10体くらい並んでいました。

やはり愛嬌があるからかな?

妖精さん広場からペガサス噴水に戻るところ。
ライオンさんが守っています。

チューリップが綺麗。バラのトンネルに
バラの花がたくさん咲く頃に、この宮殿に
来て見たいですね。

ドレミの歌ではマリアと子供達が
トンネルの中を走ってきます。
この噴水もドレミの歌に登場します。
今はザルツブルグの市庁舎として
使われています。
噴水の周りにはギリシア神話に
まつわる4つの彫像があります。