次ページへ
トップ画面へ

狭心症と心筋梗塞について

1.狭心症、心筋梗塞とは

2.狭心症の痛みが起こる2つの原因と、その痛みの起こり方

3.狭心症の痛みの特徴

4.狭心症の問題点

5.胸痛かなと思ったときの狭心症チェックポイント

6.狭心症が起こった時どうすればよいか−−−ニトロ製剤の正しい使い方

7.発作があるときのチェック項目

8.気をつけなければいけない胸痛

9.狭心症の診断に用いる検査

10.狭心症の重症度

11..冠動脈造影の意義

12..不安定狭心症の原因

13.心筋梗塞の予防は可能か?

14.動脈硬化はいかにしておこるか?

15.内皮細胞機能と障害

16.動脈硬化の進展

 

 

狭心症、心筋梗塞とは

心臓の筋肉(心筋)は3本の冠動脈により栄養と酸素を供給されて います。 狭心症とは、冠動脈の内腔が狭くなったり、けいれんを起こして 心筋に必要な酸素が十分に運ばれなかったときに起こる、一時的な胸痛や 胸のしめつけられるような症状をいいます。
これは心筋を栄養している冠動脈が閉塞しかかっていることを示す症状 であり、見過ごすと生命を失いかねないことになりますが、早めに対処 することで心筋梗塞を未然に防ぐこともできます。

心筋梗塞とは、冠動脈の一部がつまり血液が流れなくなったために、その 部分の心筋が壊死を起こした状態です。胸痛は狭心症より激しくて長く 続きます。一刻を争う状態であり生命にかかわる状態です。

狭心症の痛みが起こる2つの原因と、その痛みの起こり方


75%以上の狭窄を有する人が、坂道、階段をあがったり、重いものを持ったり、急いで歩いたりした時に 胸痛が起こるが、 休むとすぐにおさまる。

普段は運動してもどうもないが、
安静時、特に朝方や寒冷時に
99-100%の狭窄を来すひどい けいれんが起こるために胸痛が起こる。
けいれんは2-5分でおさまる。
労作性狭心症
安静時狭心症
冠攣縮性狭心症
この欄のトップへ
 

狭心症の痛みの特徴

狭心症の痛みは、胸痛とよく言いますが単に「胸が痛い」のみならず「胸苦しい感じ」「締めつけられる」 「押さえつけられる」「焼けつく」「なんともいえない違和感」と人により様々です。

これらの症状が前胸部、みぞおち、 肩、背中、首、顎、奥歯など様々な場所に起こりえます。


このように起こる場所も症状も人によって様々ですが、「もしかしたら狭心症ではないか」と一度考
えてみることが大切です。

PTCA前PTCA後

狭心症の問題点

 1. 胸痛は軽くすぐおさまるのでたいしたことないと思われることが多い。
 2. 痛む場所がみぞおちやあごであることがあり、
   病院に行ってもそれぞれ胃が悪い、虫歯や歯槽膿漏と誤診されることがある。
 3. 翌日に医者で心電図を取っても異常ない事が多いので心配ないと言われることもある。
 4.逆に胸の症状なら何でも心臓のせいにされ、薬をたくさん飲まされている患者さんもいる。
このように一過性の症状故に、医者でも正しい診断をつけるのが難しいのが狭心症です。
心臓に関しては医者に何でも頼るのは間違いです。自分の体は自分で守るという気持ちが大切です。

では、どうすればよいか?
もし胸痛が起こった時に、この痛みが狭心症で心配しなくてはならないのか、あるいはあまり心配しなくてもいい症状なのか、いくつかのチェックポイントにご自分の症状を当てはめていただくだけで、誰でも7割くらいは正しい診断をつけることができるのです。


この欄のトップへ

胸痛かなと思ったときの狭心症チェックポイント

  狭心症の痛み

狭心症ではない痛み

坂道歩行や力仕事などで起こり休むと治まるか、安静時に2〜5分 一定の傾向なく
徐々に強くなる 瞬間的(10秒以内)、 あるいは感じ た瞬間が最も強い
長く続く方が悪い 長いけど軽い痛み(20分以上)、
多くは持病的
動いている間は忘れて、じっとして神経を集中していると
あるかなあという程度の痛み
手掌大くらいの範囲の痛み 指先1,2本位の狭い範囲の痛み
ニトロが著効 ニトロは効かない

 


チェックポイントその2
痛みの時間経過:徐々に強くなる胸痛 vs 数秒くらいしか続かない胸痛

 

狭心症の胸痛は血液が急に遮断された瞬間から始まるのではなく、遮断されて20秒くらいしてから始まります。その後徐々に痛みは強くなり、血液が心筋に行き渡るようになるとおさまります。心電図も同じ時間経過をたどりますので、胸痛がおさまると元に戻ります。
心臓の色も胸痛時にはチアノーゼといって酸素欠乏によりどす黒くなりますが、胸痛がとれるとピンク色に戻ります。
----この時間経過はお風呂で水の中に顔をつけたときの息苦しさの時間経過と似ています。即ち、お湯に顔をつけた瞬間は息苦しくありませんが、20秒くらいから徐々に息苦しくなり1分くらいで以上我慢できなくなり顔を上げてしまいますね。これは口から肺まで酸素が最初残っているからです。
 狭心症の時間経過も同じ酸欠症状なのです。息の苦しくなり方にあまり個人差はないように、

 逆に瞬間的な、または数秒くらいしか続かない胸痛というのはあまり心配しなくても良さそうです。こういう胸痛はしばしば「咳き込んだ時」「息を吸った時」「体をねじった時」「横になったりした時」「胸の痛いところを押さえた時」におきます。勿論そういうきっかけがなくてもごく短い胸痛というのは、数秒間洗面器に顔をつけても苦しくないように狭心症とは考えにくいことが多いのです。胸壁痛という心配しなくてもいい症状の時や、不整脈を胸痛と考えているとき、肋間神経痛、肺の異常で起こる痛みなどが考えられます。

チェック表に戻る

チェックポイントその3
長く続く胸痛:長続きするほど強くなる胸痛 vs 長いけど軽い胸痛

先ほどの洗面器の例からもう一つ大切なことがわかります。それは顔を長くつける程息苦しさも強くなり、3分もつけると取り返しのつかないことになるということです。
 狭心症の胸痛も様に、胸痛は長く続くほど強くなり、20分以上痛みが続くとその先の心臓の筋肉が取り返しのつかない壊死を起こしはじめます。これが心筋梗塞の起こりはじめともいえます。
 逆に長く続くけど軽い胸痛というのも心配しなくてもよいタイプのことが大部分です。
こういう方の多くはしょっちゅうあり、数時間から1日中胸の締めつけが続くことがしばしばあります。
 またこのタイプの人は動いて何かしていると痛みを忘れていて、じっとして神経を集中しているとやっぱり痛みを感じるという方が多いようです。もしこれが狭心症の症状なら、運動で狭心症を誘発させたりしているように、動いたときに胸痛がひどくなるという特徴がありますので区別が付きます。
 肩とか背中の痛みも心臓からくることがあるといわれますが、その多くは筋肉痛で、持続性であります。狭心症の痛みであれば普通2~5分、ひどいと10~20分と一過性であるのが特徴なので区別できると思います。
 また胸からあご、肩、背中と次第に拡がっていくような痛みは狭心症の痛みを強く疑わせる症状です。

チェック表に戻る

チェックポイントその4
痛みの広がりについて:手掌大かそれ以上の広い範囲 vs 指先1,2本位の狭い範囲

心臓は体の奥の方にあり胸痛が起こると放散するのである程度の広がりを持つことが大部分です。だいたい手掌大かそれ以上の痛みの範囲を通常持っているようです。
 逆に指先1,2本の狭い範囲の痛みは(チクチク、キリキリ)らしくない痛みといえます。

チェック表に戻る

チェックポイントその5
ニトロの効果:著効 vs 無効

 ニトロ製剤(舌下錠またはスプレー)を使用して1分で血管は拡がり始め2-3分で最大に拡張します。
従ってニトロを使用して1,2分で胸のつかえがとれてきた等、明らかな改善効果があれば狭心症の可能性が高くなります。5分たってもあまり効いてない時効果が不十分と判定されます。ここで大切なことはニトロの効きが悪いという場合、ニトロが効きが悪い重症の状態の時もありうる事を考える必要性があります。もし複数回胸痛が起こってる人であればひどい痛みほどニトロの効きが悪い傾向にあります。
よって、そうでない、痛みもそれほどでもなく、ニトロも効いたかどうかよくわからない状態であれば、あまり心配ないといえそうです。
 よってニトロはいよいよの時にしか使わないのではなく、自分の胸痛が狭心症かどうか確かめてみるつもりで気軽に使用しても結構です。まして狭心症発作とわかっている場合は早めに使用してください。胸痛が長引くのは長時間水の中で息ごらえしてるのと同じですので、長続きさせるのが危険であるのはおわかりだと思います。

皆さんがもし胸の痛みを感じた場合、このパンフを取り出していただき、ご自分の症状を4つのチェックポイントの1つづつがどちらにあてはまるかをチェックしてみてください。狭心症かどうかを7割の確率で診断することができます。次の日お医者に行って心電図異常がなくても狭心症の場合があることもおわかりいただけたと思います。狭心症、心筋梗塞の既往のある人でも、何種類もの胸痛があることがあり、その場合ひとつひとつの痛みについて考える必要があります。「この痛みと、この痛みは心配しなくてもよくて、こういう痛みがおこった時はすぐニトロを使う。」というような対処をしていく必要があるのです。胸痛といっても心臓が原因でない胸痛がむしろ圧倒的に多いわけなので、必要以上に心配は不要です。しかしもしかしたら、という時は十分な対応が必要ですので、よくご自分の体を理解するというのが大切です。

注意!
  ニトロが効きにくい胸痛と、長続きする胸痛は心配しなくてもいい場合ととても悪い場合があります。ご自分がどちらに当てはまるかは自分自身で判断しなければなりません。おかしい、変だなと思ったら病院へ行くことをおすすめします。

チェック表に戻る


次ページへ
この欄のトップへ
トップ画面へ